通信速度の違い

最近のケータイやスマホの通信速度は、ほぼ満足するものになってきています。通話やメールなどのデータ通信はそれほど問題ないくらいの速度になってきているのですが、たまに動画の視聴では遅いと感じたりすることがありませんか。対応する通信規格によって、多少の違いが出るようで、wimaxについてまとめてみました。

まず、wimaxは、無線のインターネットサービスですので、通話はできません。wimax専用のルーターを使用して、wifiにてスマホやケータイで見られるようになります。日本ではUQコミュニケーションズが提供していますが、まだそれほど利用者も少なく、エリアもこれからというところです。

電話が利用できないのが普及していない理由かもしれませんが、オプションサービスでLTE対応のものもありますので、これから普及していく可能性も秘めています。2009年からサービス開始となりましたが、当時から通信速度は最速でした。

現在はさらにバージョンアップして光回線なみの220Mbpsを誇るwimax2+になりました。LTEなどにありがちな定量制もほとんど気にすることなく、速度制限条件が緩めの設定になっているので、動画を見るにも同じ一定の速度で見られるのは最大のメリットではないでしょうか。